【現地・卒業生からの声】

更新:2021年9月12日


山の学校の卒業生から届いた悲痛な便り(2)

たった今、山の学校の卒業生で、会の篤志家の方の支援で大学に通っていたゴラムから、悲痛なメールが届きました。また、9/11にはバーセットからも届きました。和訳したものを添付しますのでご覧ください。
カブールにいるであろうゴラムやバーセットの置かれた状況がわかって、何もできないのが本当に辛いです。

長倉洋海

(1) ゴラムより(バルフ大学経済学部)
***** 9/12 *****
健康で幸せな時間を過ごされていることと思います。皆さんに感謝しています。
とうとうパンジシール州がタリバンの攻撃を受け、人々は家を失いました。
タリバンは子供、若者、老人、女性を含む 多くの人々を殺しましたし、州のたくさんの地区や村も支配しています。
タリバンは3日前にポーランデに現れ、家に隠れていた人々を痛めつけました。
僕の家族はポーランデにいます。
家族によるとタリバンがやって来て武器や軍に関係する物を何度も探し、家の周辺から発射物が見つかると僕の父を殴り、「お前は兵士だ。お前の息子たちはどこにいる?」と言われ、姉妹を痛めつけました。
僕にはどうすることもできません。父は治療を必要としています。
タリバンは州内のいくつもの村で多くの若者を殺しました。
僕たちは自分たちの将来や状況についてとても心配しています。
神がこのような状況からこの国を守ってくれますように!
タリバンはパンジシールの電気、輸送路、ネットワークを遮断しました。
かつてロシアを破った時、ロシアには力と強さがあったけれどアフガニスタンを倒すことができませんでした。
人々は団結していたし、また特別な指揮官、アフマド・シャー・マスードが人々を率いていました。
皆さんの方が僕より彼をよく知っていますよね。
僕たちを助けてください。僕たちはもうアフガニスタンに住むことはできません。
タリバンは戦いに参加した全ての人々を殺すつもりでいます。
それは僕たちにとってとても困難な状況であり、僕たちの命は危険にさらされています。
どうか僕たちを保護し、助け、僕たちのために祈ってください。
財政的な援助も必要としています。
僕たちをアフガニスタンから脱出させてください。この海の向こうから手を差し伸べてください。
***************

(2) バーセット(バルフ大学 考古学学部)
***** 9/11 *****
こんにちは。皆さんが安全で健康であることを願っています。
僕たちは神のご加護により9月9日にパンジシールを出て、家族みんな無事です。
パンジシールはタリバンの攻撃を受け、最悪の状況にあります。
3人の弟たちには障害があるので、僕たちは彼らの世話をしなければなりません。
状況が改善されるまで、家族が海外に退避できるよう、皆さんに協力をお願いしたい。
どうか助けてください。僕は真剣にあなた方からの連絡を待っています。
****************

山の学校の卒業生から届いた悲痛な便り(1)

山の学校の卒業生で国立大学に進学した数人の奨学金を会員有志にご支援いただいて来ましたが、奨学生より最近届いたメールをご紹介します。反タリバンの拠点となったパンシールで、人々の小麦粉や米・油など食糧も枯渇し始めているはずです。「祈っているよ」と伝えるだけで、助けたくてもただ祈りながら見守ることしかできないのがもどかしいです。

(1) ゴラムより(バルフ大学経済学部)
***** 8/20 *****
 こんにちは。あなた方が健康で幸せであることを祈っています。そして皆さんの支援とご親切にとても感謝しています。
 僕は3週間前に大学に行き、8学期をスタートしましたが、タリバンが私の大学のあるバルフ州や他の州を攻撃し、1週間の間にそれらすべての州を陥落させました。でもパンジシール州は落とすことができませんでした。 タリバンはアフガニスタンを支配するため、この20年間に5万人以上の兵士を殺しました。 タリバンは政府軍で働いていた人々に復讐し、彼らは仕事を失いました。
僕の兄は警察で働いていて家族の家計を支えていましが、彼も失業し、僕の家族は経済的危機に直面しています。
 僕たちは安全、教育、経済、政治、社会など多くの問題に直面しており、生活する上で厳しい状況にあります。 僕たちは経済問題に直面しており、あらゆるものの価格が上昇し、足りない状況です。 僕たちはタリバンからの警告を受けており、戸別訪問を受けるかもしれません。
しかし、神は人間より思いやりがあります。より良い日が来ることを願っています。
***************

(2) バーセット(バルフ大学 考古学学部)
***** 8/25 *****
こんにちは。皆さんの安全と健康を願っています。
アフガニスタンの状況が悪く、無政府状態です。
僕たちはパンジシールにいますが、パンジシールはタリバンに包囲されています。
僕たちのために祈ってください。
****************
  


←クリックで山の学校トップページへ
[アフガン情勢に関するメッセージ一覧]へ
[長倉洋海トップページ]へ